学校運営方針

(1)授業の充実
・ 分かる喜びを感じる授業、考えたり学び合ったりする楽しさを味わう授業づくりを目指し、子供の学習
意欲を高める。
・ 読書や書く活動等を充実し、子供の読解力の向上に努める。
・ 家庭学習を充実させ、学習の習慣化を図り、確かな学力の定着を図る。
(2)好ましい人間関係づくり
・ 全員で目標に向かい、達成できた喜びを味わうことができる学級運営を工夫する。
・ 友達関係を把握し、子供が孤立しないように、学級・学校での居場所づくりを工夫する。
・ 日々、子供の話に耳を傾けるとともに、子供と共に歩む姿勢を心がける。
(3)元気なあいさつと自主性を育成する縦割活動
・ 大きな声で元気よくあいさつができるように、指導方法を工夫する。
・ 子供の思いや願いを大切にし、自主性を伸ばすような活動を工夫する。
・ 思いやりの気持ちを育て、協力する大切さを実感させるため、1年生から6年生が所属する縦割りグループによる活動を充実する。
(4)たくましい体づくり
・ 週時程に業間運動の時間を設定し、運動する習慣づくりに努める。
・ 望ましい食習慣や生活習慣が身に付くよう、食育や保健指導の充実を図る。
(5)安心して学べる学校
・ 安全に登下校ができるように、交通ルールの確認を行い、指導を徹底する。
・ 不審者の侵入や登下校時の安全確保につながる日々の安全指導に努める。
・ 校舎内外の安全に配慮し、安全指導を徹底させる。

戻る